〜 魔王を振り返って 〜


ありがとう、チーム魔王






大袈裟でもなく2008年の夏はずっと忘れられないと思うし、これからも思い出す度に意味もなく興奮するだろうと思う。ジャニーズJrだった大野智くんと出会った1996年、嵐になってCDデビューした99年、いくつかの舞台を経て大きく成長した03年、ソロライブを観れた06年、そして個展と連ドラの08年。毎年毎年色んな事を残してくれるけど、これらは中でも特に思い出の年になった。
こんなにまで続きが気になって、主役だけじゃなくキャスト一人一人の演技にまでガン見して、サントラやグッズまで買って、言ってみれば音楽と効果がベタで時にオーバーなのに毎回毎回わかっちゃいるけど涙して、画面に映らないスタッフの顔や名前まで把握して、挙句にロケ地まで巡ったドラマは初めてだった。連ドラが初だった智くんだけど、私にも色んな初挑戦をさせてくれたドラマだ。
1年経った今、もうしおりは元気になったかな…とか、空ちゃんも大きくなっただろうな…とか、事務長や玲子も立ち直って頑張ってるかな…とか、藤野さんは懲りずに援交やってしまってるんだろうか…とか(笑)日常の色んな合間にふと思ったりする。しかも真剣に。こんな自分がキモイけど、やめられない。もう…止められな(略)





私なんてただの平凡な一般市民だけど、やっぱり一人の人間をここまで一つの作品にハマらせるのは凄い事だ。その一人だけでも凄いのに、いったい地球上に何人の魔王族がいるのか。どれだけの人々が魔王を愛してるのか。魅了されたのか。それは世に残された数々の名作の全てに言える事だけど、本当に改めて凄いものだと実感・体感・痛感した。それに触れられて感じられた事がとても幸せなのだ。
まず大野智くん、本当にありがとう。そもそも智くんが出なきゃ見逃してたかもしれないし、真中友雄にあんなに涙する事もなかったとハッキリ言える。全身全霊でこの難役を演じ切った智くんを心から尊敬します。その数ヶ月後には矢野健太という真逆の役をこれまた違和感なくパワフルに演じて…もちろんずっと昔から凄さは目の当たりにしてたけど、もう改めてファンで良かったなぁ…ですよ。だって智くん、厳密には「俳優」じゃないもんね。本業の(しかもハリウッドのベテランな)俳優さんでさえ1年くらい演じた役が抜けない人だっているのに。またいつか大野智の姿をした別人に会わせて下さい!それまではいっぱい歌って、いっぱい釣って下され(笑)




生田くん、WSS以来じっくり演技を見ましたが、智くんが打ち上げで生田くんに渡したTシャツのメッセージと同じく「あなたでよかった」です。あんなにも「熱いのに暑苦しくない」男は初めてです。芹沢直人は私にとって、とっても大きな存在になりました。また智くんと共演して今度は智くんが熱くて生田くんがクールな感じも観てみたいです。感動と興奮をありがとう!
小林涼子ちゃん、領じゃなくても救われる明るくて美しい笑顔をありがとう!その魅力にはカツンのロミオにちょっと嫉妬したくらい惚れました(笑)これからも女優をやっていくのかな?更にイイ女になっていくんだろうな〜。
プロデューサーの高橋正尚さん、この方はジャニー喜多川社長に匹敵するくらいの天才だと思います。この人みたいなプロデューサーがもっともっと増えますように。本当に名作をありがとうございました。
そして全てのキャスト・スタッフの皆さん、ありがとうございました。この中の一人の誰が欠けても、誰かと誰かが違っても入れ替わっても、こんな作品は生まれなかったと思います。私は、あのラストシーンの海が大好きです。皆さんで悩んで考えて話し合った結果は大成功です。あの水平線と二匹の蝶を思い浮かべると、今でもたまらなくなります。上手く言えないけど、あぁ…そうだ、よく「言葉にならない思い」って言うけど、こういうのホントにあるんですね。こんなの歌の歌詞だけかと思った(笑)最後に改めて、チーム魔王最高!!!

そして、こんな駄文垂れ流しのページを読んで下さった方々、心から感謝します。
たぶん考えた事の半分も伝わってないような気もしますが、
わざわざページを作るくらいは好きなんだなという事はお解かり頂けたと思います(笑)
お付き合い頂き、ありがとうございました。



戻る