いきなり智くんのソロから感想。と言っても今回はソロよりも5人で踊ってる時の彼の方がカッコ良かったです(謝)本当にコンサート全体が“本気のダンス”でした(って、そもそも本気ダンスって何だ。誰が言い出したんだ?これ・笑)
智くんのソロは、いわゆる王道Cool路線演目で、悩ましく眉間を寄せて歌い上げる表情もセクシーでウットリは充分させて貰ったけど、ビックリはさせて貰えませんでした。智くんらしかったから。それは=普通だった(苦笑)曲の終わりのパン!パン!ではビックリしたけど(笑)
メンバーのソロで1番好きなのは、曲もダンスも衣装も翔くんのでした。大好評のJrを従えた行列行進ステップは良いショットでビデオに入れてね、Jストーム様。そうそう、このステップ松山ではやらなかったらしい。確かに360度ステージ向けのステップだね。曲に挟み込まれるスクリーン映像が去年の「ホットケーキですっ」に続くファン向けサービスショット(翔くんファン実に羨ましい)翔くんはオシャレなホテルで情事の後のバスタイム。でも一人で出て行って(この時、映像の翔くんが着ている服が実際の衣装)ヤリ逃げですか、翔様(笑)しかし良い香りの高級コロンが漂って来そうな映像でした。そして相葉ちゃんのソロ曲も好きです。純粋に良い歌だと思う。相葉ちゃんの歌声は晴れやかな空みたいに気持ち良いので、この曲にもピッタリ合ってました。潤のソロも少々智くんと同じ感想です。前にやったのと似てる。でもヌンチャクは新鮮だったね!マトリックス的黒服も背が高いから似合うね〜。
でもってニノ…たまアリの6日に♪どうしたんだ!HEY,HEY,ベイべ〜!いや、マジで(汗)歌の途中に泣き出しました、ニノ。しかしファンが心配する中「スゲー…泣きながら途切れ途切れでも上手い。音程キレイ。さすがニノ」と感心してました。だってホントに凄くねー?(←おなじみの翔くん風)たいがい音程ボロボロだよ、こうなったら。悲しい歌に浸り過ぎてキちゃったのか?と思いましたが、ラストの挨拶の時にニノ本人が「大丈夫です」って言ったから大丈夫でしょ。疲れてるからとか不安定とか推測は果てしなく出来るけど、本人が大丈夫と言うなら私は別に何も心配しないです。色々あるのが人間だ。何より泣き顔可愛かったし(笑)
新アルバムの曲満載は良いけど、なぜ♪わけのわけのわけッ(どんな言葉で)をやってくれないのだ。ハダシの未来からの流れで出来そうなもんなのに←何となくスタンドマイクのイメージ。冬に絶対やってねー。
たまアリだけの演出かな?正面ステージの背景に“巨大英字新聞”現る。文字がダーッと浮かんでくるんだけど(MASAKI AIBAの文字がよく目立っていた・笑)これは美しかー。圧巻だったな。ビデオで観るの楽しみ。
行った会場全部の共通点で面白かったのは♪嵐のー吹くーまえのぉー静けさーにジェーリフィー…で、ブンブン手を振りながらノリノリの智くん(黄色Tシャツ着用)その笑顔と言ったら智くんというよりは“嬉しい時のハルくん”て感じで(笑)笑ってるから大きく開いてる口元も曲の歌詞じゃなくて「わーい、わーい、わーい♪」とでも叫んでるようでした。そんなに楽しいか。楽しいだろうな(笑)
そうそう、病気とかあって相葉ちゃんのバック転はもう見れないのかな…と勝手になぜか思ってたので、今回バック転OK組(笑)3人全員のを見れて嬉しかったです。やっぱダンスにメリハリもつくしね。サーカスはしなくていいけど(←コレはホントにいらん)ノーマルなバック転はちょこちょこ見たいと思う。やっぱカッコイイもんね。
衣装がね、自分が見る前から「肌の露出度少ない」と聞いてたんだけど、これがどっこいで「ノースリーブ度」が高く、智くんの生腕!生腕!生腕!の嵐で、私は全然「有り」でした。つーか、ある意味これがホントの「筋肉ホームラン」ごちそうさまでした。余談だけど、智くんノースリーブ(タンクトップ)似合うから普段も着ればいいのに。
たまアリに行った人は分かるんだけど、メンバーが台に乗っかって縦移動する時があります。位置的には中央と端の花道の間、アリーナ席の中を進むように縦に二本。自分アリーナ席だった時、智くんと相葉ちゃん(←二人で一つの台に乗ってる)の足下でした。お手振りは…よく分からんけど貰ったんかな?(笑)いつも自分アピールより「顔見たいからコッチ向け!」って思ってウチワ振るから(笑)特別な事もしないし見る事に必死で、向こうが自分を見たかなんてよく分かりません。こっち周辺を見てニパーッ♪と笑う黒目勝ちのキラキラ目は確認しました。6日の朝の握手会で見た頬の小さなブツブツも確認(笑)口元はやはり「わーい♪」て感じで(笑)白い八重歯も可愛かったです。
ラッキーメーンが実際にステージでやると、あんなにスタイリッシュだとは。どっちか言えば♪男祭り!的にオチャメに仕上がるかと思ってた(笑)Jrくんと長い横1列になってやるラッキーメーン!ラッキーメーン!のダンスがカッコイイしサビに入る所の全員揃っての片手ついた側転とか好きだ。ここの衣装も智はグリーンの袖無しで筋肉ホームランでした(笑)
ディスコ!タイムは一瞬ダーク・ディグラーが出て来そうな(←洋画ブギーナイツ知ってる人だけ笑って下さい)ノリノリのテーマ曲が嬉しかった。前の曲の都合で一人だけ遅れて出てくる智、たまアリではライトブルーアフロで自転車カッ飛ばし、目差す反対側にいる4人の元へ滑り込む勇姿がラブリーでした。
ONLY LOVEでは5人散り散りになって揃った振りをします。片手を前に突き出して、足を肩幅に開いての横揺れ腰振り(この説明が精一杯・笑)は各所で各メンバーにウットリできたんじゃないでしょうか。
「できるだけ」のイントロのシャウトを思いっきり生声でやってくれた智くん。これカッコエかった〜〜〜ッ!おまけに回によっては微妙に自己アレンジしたりして(ホントに微妙な違いだけど)これもまたイイ!こんなの出来るようになるなんて、愛ラブJrでチェックのオーバーオール着てた頃からは想像も予想もつかないね(←いつだよ!)
大好きな♪上ーWAYーがライブ開始から2〜3曲目にあったのは「え、もう?!」て感じでした。テンション上がりきってから一気に爆発する用だったので(笑)でもおかげで早いうちからテンション上がりました。イントロの♪コロロッコロロッて音(笑)が聞こえると体が反応するな〜毎回。
さて大宮SK…ホントありがとう(ジ〜ン)これビデオに入らなかったら大暴動だね(本気)私が観た名古屋ではゴンドラに乗って、たまアリではステージのせり上がり装置に乗ってピョコピョコ上下しながら、共に適当に何か叫びながらバイバイ。オーラスでは「楽しかったね♪」「楽しかった、エヘへ♪」と言い残して去りました。
たまアリのオーラスで、このコーナー“スキューンバズーカ”で大宮の他に映像で出てくる松潤モモちゃんと、相葉ちゃんと翔くんの各ソロの映像に、大宮SKが参加(合成)しているスペシャルおまけ有り。まずモモちゃん、神々しくポーズをキメる美しいモモちゃんの両脇に、同じポーズで踊る大宮。相葉ちゃん、歌いながら爽やかにステージを駆けてくる相葉ちゃんの前方(画面的には手前)でマジックに挑戦中の大宮。相葉ちゃんが二人を飛び越えてるって事は、相葉ちゃんのみグルなのか?(笑)そして翔くん、あのセクシーなソロ曲の「シー…ッ」に合わせて翔くんのアップから引きの画面になり、遥か向こうにちっちゃく大宮(その後、踊りながら段々と前に来る・笑)翔くんのカッコイイソロがブチ壊し。なのに猛烈に楽しいという何とも言いようのないモノです(笑)大宮SKって人達は、とにかく頑張り屋サン(または必死)です(笑)
あと、これも頼むからビデオに入れて欲しいんだけどピカ☆ンチのアレンジバージョン歌いながら智くんを先頭に5人が1列で颯爽と歩いてくる所、カッコイイ〜!この時、生の本人達じゃなく巨大スクリーンの方を観てるんだけど、今年の最優秀ショットでした。5人とも凛々しく険しい表情で汗ビッショリで歌ってる顔がカッコイイんだよ!女なら絶対惚れる(笑)
MCは、もう少し普通に喋ってもいいんじゃないか?(笑)間が多過ぎだよ、今回。何と言うか狙ってハズし過ぎ。それ以外は本当に楽しかったよ(笑)名古屋では智くんのアユの真似「…くり」が聞けたし←この時「あう〜っ」とでも言いそうな変な表情が可愛かった(←なんか分かり辛くてスイマセン)相葉ちゃんの髪質って良いなー。クシャクシャかき上げてサラサラ落ちてくる髪が羨ましい。あとMC中、5人で立ってると、やっぱり2人だけ小さい大宮ラブリーだ。しかも並んで立ってると(または歩いてると)お人形セットみたいだ(笑)←ある意味MCの楽しみは、こういう光景だったりする(笑)ラストの挨拶で中央ステージの上をゆっくりグルグル歩きながら話す翔くんが印象的でした←360度の観客に向いている。
それにしてもスキューンバズーカ内で見せてくれた、あのデビューのシースルー衣装。生で観れる日が来るとは思わなかったぜ…フッ。どっかの会場で潤くんが「もう、やめようよ〜こういうの」と呟いたそうです。ダメ、やめない。いや、や・め・さ・せ・な・い。…以上、悪魔のすとっちでした。



戻る