ただいま!な、AROUND ASIAライブ。冒頭にデビュー曲から最新シングル「アオゾラペダル」までのビデオが走馬灯のような編集で流れる映像あり。これカッコ良かったな〜。欲しいな、これ。オープニングは「A・RA・SHI」…Backstreet's Back alright♪ならぬ、嵐が返って来たぜ!的な。智くんのソロも勿論の生歌で冴えまくってるわ上手過ぎるわで(笑)テンション既に最高潮。どうでもいいけどテレビの口パクしか知らない人が見たらポカーンだろうね(笑)こんなに歌えるのに何故?みたいな。最後の4人のコーラスに合わせて唇が「う〜…♪」の形になってた智くん(多分無意識)が面白かったな。
「ハダシの未来」智くんの“笑顔爆発ナンバー”なので大好き。客席にピースなのかジャンケンしてるのか歌いながらの1人遊びも絶好調超。何か指差した後ウキャ♪と笑ってたのがまた可愛かったよ〜。アリーナの方見ながら。何やって(やられて?)ウキャッとなったのかは謎ですが、智くんが可愛いので無問題。ところで「ラッキーメン」なんだけど、翔くんの煽りの合いの手みたいなの(よく潤くんがやるやつ)たまには智くんもやってみせておくれ。ソロコンでは似たようなのバリバリやっててカッコ良かったから、アレのラッキーメン版が見たいですよ。
ただいま編「COOL&SOUL」は、冬の時の始まりの映像が変わってました(ドームでは5人が出てきて語りましたね)記者会見風は同じなんだけど内容(台詞)がね。相変わらず知らない人が見たら絶対彼がリーダー!な翔くんに、シリアス顔の相葉ちゃん、同じくマジモードの智くんはいいんだけど、末っ子2人のショットで毎回笑いが起こる(笑)理由は多分なんだけど、喋ってる松潤の横でこじんまり座ってるニノが可愛かったからかと。
そしてテーブル越しの嵐くん登場。本編は内容も衣装も夏コンと同じでした。が、これは別に意味もなく偶然だと思うんですが、テーブル越しの智くん、表情がクールなのは同じなんだけど、体が夏の時より若干前に出てた気がする(笑)いや、わかりませんよ?気がしただけかもしれないし今となっては確かめようもないんだけど、夏はとりあえず背もたれのポーズ…だったのが、ちょっと前のめりになって頬杖ついてたりの率が高かったんですよ。アジア行く前と後での自信の表れの違い?とか勝手に想像して浸ってました(笑)でも確かにカッコ良かったです、そんな智くん。
これがドームではテーブル無しの代わりに、そりゃもうスケールのデカ過ぎる銀河系セット(詳しくはDVD参照で)が用意されてました。ARASHIの「A」の形に輝く大階段に現れた5人が、歌詞だけじゃなくメロディも新たに加わったニュー「COOL&SOUL」をカッコ良くキメてくれます。下から現れた大きな“地球”の上に乗った5人が翔くんを真ん中にして4角形に立ってるんだけど、5人を中心にしてアンドロメダが凄いスピードで渦巻いてたり、ソロパートに合わせてのセットのアニメーションの「流星リレー」が凄く綺麗でした。もう嵐を起こすどころじゃなくて宇宙巻き込んじゃってるよ的な。そして、そんな大掛かりなセットの中の嵐くん自身が、その迫力に全く負けてないのが何より凄かったですね。普通ならセットに負けて埋もれそうだよ、あれは。
間奏の翔くんのMCも「ただいま用」になってましたね。夏にあったFの4文字もあったかな?ちょっと忘れた(笑)DVDにはアップで入ってたけど、何かに向けて挑発したような翔くんの笑いは、あァ…私もマダマダだな、この凄いパワーについていくにはヘコたれてられないな、と痛感させられるモノでした。私にはできないしね、あんな笑顔。それだけのもの持ってないから。嗚呼、嵐というパワーに嫉妬。才能に嫉妬。美しさに嫉妬。嵐の全てに嫉妬(笑)
余談ですが、翔くんファンの人と観た時の帰りは不覚にも「お宝トーク」が全開でした。彼女の「翔くんが“俺達を欲しがる”ってとこ凄かった〜!」から始まり、やっぱり智くんばっか見てたらしい私は最初何の事か解からず、説明を聞いてるうちに「何だって?それは聞き捨てならん」としっかり反応。DVDでは更にパワーアップしたグリングリンバージョンでした(笑)…相変わらず下品で申し訳ありません。
でもって大サビの智くん先頭の大行進。ぬおおおおお〜〜〜〜〜最高にカッコイイ!あのHow’s it going?ライブで見た「ピカ☆ンチ」の感動がパワーアップして返って来た感じでした。もう花道行進の時は智くん先頭を定番にして欲しい。それだけ頼む、潤くん(笑)
智くんのソロは、冬は「TOP SECRET」、ドームでは「Rain」でした。変なんだけど、どっちも(ソロコンのは置いといて)初めて観た時より感動してドキドキしたな〜。両方を初見の時の自分の感想読み返してみても、あんまり感動してないっぽいんだよね(笑)今までの延長路線だのジャスティン入ってるだの、あんまり「キャー♪」モードではないのが判る(笑)まぁその時の気持ちは嘘じゃないんだけど、改めて見た「TOP SECRET」と「Rain」は明らかに違う気持ちでした。ドキドキ加減が違う?あーもー本当よくわかんない(申し訳ない)とにかく何回も生で観た曲だけど、今までで最高に観てて感動した訳です。欲を言えば、ちょっとくらい衣装変えない?とは思ったけど(笑)
「きっと大丈夫」はいつ観ても楽しいね。これ、最後のウォ〜♪の時の相葉ちゃんが好き。てか、5人の個性が出てて面白いヶ所ですよ。手と足の連携(連動?)プレーな相葉ちゃんのブンブンお手振りと対照的な、リズミカル極まる智くんの小刻みお手振りとか(笑)ここは一緒にやりながら思わず相葉ちゃんと同じく足まで動かしてしまいます。
しかし「We can make it!」は良い曲だな〜。この曲もっとテレビでも引っ張って欲しかったな〜。「Love so sweet」と「Happiness」とのウキウキ3連発(何だそりゃ)はどれも良いけどさ。長男と末っ子は相変わらずラブラブでした。
久々の「RIGHT BACK TO YOU」アナキン・スカイウォーカー。内容は特に新アレンジはなかったけど、これは後に映像に残ってホントに良かったな〜と思える素晴らしいクオリティですね。アジアのファンもそりゃもう感動したんだろうな。冬で1回、智くん、ターンした拍子に振り袖がバサッと頭から被さっちゃって、思わず「お♪」とか思っちゃったけど、すかさずサッと頭振ってさり気なく振り落としてダンス続ける彼に次の瞬間「お〜カッコイイ」などと変な所でKOされたり。
「ピカ☆ンチ」からの赤い衣装は、何と智くん「だけが」ノースリーブという近年マレに見る貴重さ。そこのお嬢さん!奥さん!聞いてますか!智くん「だけが」ですよ!めっちゃ貴重ですよ、ああいうの。滅多にないですよ(あの「パルコ侍」以来か?)ここはもうストレートに美しい腕とセクシーな脇のボーボーをガン見しましょう。
ところでクライマックスの♪ココには…あるからあああーッ!も、♪アイムスマイラッゲェー――ン!も、あまりにも耳に馴染み過ぎて、そういうテンションのままCD聴くと物足りなくないですか?(苦笑)DVDとは別売りでライブアルバム出して欲しいな〜。今時ライブアルバムって売れないのかな。地味に大好きなアイテムなんだけど。まぁいいか。そう言えば一部の客に「アジア公演と同じモノを見せるのは手抜きみたいだから新しいものをやって欲しい!」的な事を言うのがいたみたいだけど頭大丈夫か。今回のライブの意味とか解かってんのかな。ま、そんなのもどうでもいいか。
ドームに行った時の日記にも書いたけど、本当に嵐のドームは全然遠く感じなかった。スタンド席の時もあったのにだ。何というか、アジアとか、凱旋とか、ドームとか、色々あるけど、いつでも嵐は嵐でしたよ。どんなに壮大な空間だろうと、クライマックスで頬っぺた紅潮させながらトコトコどっかへ走る智くんに、何とも冷静に「智くん!智くん!こっち!」と呼び寄せる翔くんがいて、それに対して「あァん…翔くん、ゴメーン」とテヘヘ笑いでUターンし、一緒の気球に乗り込む智くんがいるだけでOKな気がしました。



戻る